生きた英語を学ばせるには早い方がいいTOP >

生きた英語を学ばせるには早い方がいいリンク集◆1

英語環境づくり

英語環境づくりを家庭で行える方法があります。乳幼児の英語学習のスタートは早い方がいいということはご存知の通りです。バイリンガルの両親であれば英語環境づくりは簡単でしょう。しかし、日本の多くのご家庭では…。セサミえいごワールドはその答えの一つです。セサミストリートで長年培った教育番組の手法を取り入れ、0歳から大人まで飽きさせない工夫が随所になされています。家庭で楽しく英語環境づくりをと考えている方におすすめできる幼児英語教材です。

英語力

「英語力を伸ばしてあげたい」「これからの国際社会では英語くらい身につけさせたい」と親ならばだれでも思っていることでしょう。しかし、そう思っている方でも乳幼児からの英語教育となると「早すぎるのでは?」という方も多いようです。ですが、英語力を伸ばすには乳幼児期からのスタートが大切です。日本語にはない英語の音韻・音素を聞き取る能力は生まれながらにして誰でも持っているのですが、英語を耳にしない環境では捨て去られていくのです。乳幼児のうちに英語に触れさせることでその後の英語力に有利となるということがいえます。

ネイティブ 発音

ネイティブの発音を聴く機会は環境によって大きく左右されます。幼児英語教室は全国にたくさんありますが、必ずしもネイティブスピーカーの先生ではありません。本物の英語に触れさせたいと思っていても環境が整わないことも多いものです。マミートークはフラッシュカードやパズルや絵本に近づけることでネイティブの発音を繰り返し聞くことができます。発声速度はゆっくりと通常の二種類から選べます。マミートークから聞こえてくるのは英語だけでなく動物の声や音楽、効果音などです。イラストに近づけることで何度でも聴くことができ、あそびながら正しい発音の英語を楽しみながら学ぶことができます。

家庭 英語教材

乳幼児用の家庭英語教材はたくさんあります。どれを選んでもそれぞれに特徴のあるものとなっています。色々とチェックして、サンプルを取り寄せ見比べてみても実際にどれが一番良いものか迷ってしまうということもありますね。英語教材を選ぶときに実績を見てみるのもよいでしょう。「ディズニーの英語システム」は約30年間の信頼と実績を誇る幼児用家庭英語教材です。30年間、多くの子どもたちが夢中になってきた英語教材ですからお子様もきっと気に入ってもらえることでしょう。迷ったら実績のある教材を選んでみてはいかがでしょう。

英語システム

遊びながら英語が身につく「ディズニーの英語システム」は30年の実績があります。使われているキャラクターたちは世界中で愛されているミッキーやミニーたちディズニーのキャラクターたちです。子どもたちの大好きなキャラクターばかりですから夢中になるのは当然です。CDとDVDとおもちゃが連動した教材はお子様を夢中にさせミッキーたちと遊んでいるうちに自然と英語を学ぶことができます。幼児英語教材はたくさんありますが、30年の信頼と実績を考えると「ディズニーの英語システム」がおすすめといえます。


Copyright © 生きた英語を学ばせるには早い方がいいリンク集1 All rights reserved
inserted by FC2 system