生きた英語を学ばせるには早い方がいいTOP >

生きた英語を学ばせるには早い方がいいリンク集◆3

英語 臨界期

英語を身につけるには臨界期というものがあるといわれます。英語だけに限らず乳幼児には自然と言語を習得する能力がだれにでもあるのです。しかし、この能力には時間的な限りがありこの時期を過ぎると言語を習得するためには大きな努力を必要とするのです。どうしてこのようなことが起こってしまうのでしょうか。日本に生まれた乳幼児は英語を聞いたり話したりする能力は生活していくうえで不必要な能力です。能力は必要な能力、普段使っている能力は強化されますが、必要のないものは捨て去られていくのです。臨界期前の子どもは自然に言葉を習得することが可能です。臨界期前に英語学習を開始することで負担を少なく言語の習得を行えるのです。

英語 教育

英語教育の始めどきは幼児のうちからです。これからの英語教育は単語や文法を覚えるだけでなく、コミュニケーション力にも注目が集まってくることでしょう。幼児のうちから英語に触れることは有利であることはよく知られていますが、グローバルマインドやコミュニケーション力も幼児のうちから始めることで身につけられるものなのです。英語教育は幼児が始めどきであるとともに能力を多角的にバランスよく伸ばす教材を選びたいものです。

早期 学習

早期学習が英語教育において重要だということが言われます。幼児に英語を学ばせるには早くから英語に触れる機会を増やす方がいいのです。しかし、日本の家庭においては積極的に親が取り入れなければその機会は増えませんね。幼児用英語教材を選ぶにしてもDVDなどの映像が多く、小さいうちからテレビをたくさん見せることに疑問を持っている人も多いようです。映像に頼らない家庭用幼児英語教材はないものだろうか…。そのようにお考えならばマミートークを試してみてはいかがでしょう。英語教材というとセット販売が多いのですが、マミートークではセットだけでなく必要なものを選ぶこともできるようになっています。まずは気に入ったものからスタートするという方法もありますね。

フォニックス 学習法

フォニックス学習法は英語を母国語としているアメリカやイギリスで国語(英語)教育の発音・読み方の基本を学ぶために実際に取り入れられている学習方法です。日本語では五十音の名前と読み方は一致していますが、英語ではアルファベットの名前と読み方は異なります。フォニックスではアルファベットの組み合わせで発音を学ぶことにより始めてみる英単語でも読めるようになるのです(ただ、フォニックスには例外があるのですべてではありませんが)。このフォニックス学習法を取り入れている幼児英語教材がセサミえいごワールドです。セサミえいごワールドの教材では米国や英国の英語教育に取り入れられているフォニックスをお子様に学ばせることができるのです。

幼児英語教育

幼児英語教育のスタートは脳の仕組みを考えると早い方がいいのです。早くから家庭で英語環境づくりを整えれるにはセサミえいごワールドがおすすめです。


Copyright © 生きた英語を学ばせるには早い方がいいリンク集3 All rights reserved
inserted by FC2 system